What's New

2018/11/08

「Industrial Health」に原著論文が掲載されました。

Assessment of risk factors for non-specific chronic disabling low back pain in Japanese workers—findings from the CUPID (Cultural and Psychosocial Influences on Disability) study. Industrial Health. Published first online Oct 19, 2018.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing (authors)
https://doi.org/10.2486/indhealth.2018-0157

2018/11/06

「Journal of Infection and Chemotherapy」に原著論文が掲載されました。

Greater burden of chronic comorbidities and co-medications among people living with HIV versus people without HIV in Japan: A hospital claims database study. J Infect Chemother. Published first online Nov 2, 2018.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing (acknowledgments)
https://doi.org/10.1016/j.jiac.2018.10.006

2018/10/31

「European Society for Medical Oncology」にてポスターが発表されました。

Eribulin as first- or second-line chemotherapy for advanced or metastatic HER2-negative breast cancer: a real-world prospective study. The European Society for Medical Oncology 2018 Congress. Oct 2018, Munich, Germany.

-Role of CSS : medical writing

2018/10/18

「Breast Cancer」に原著論文が掲載されました。

Chemotherapy-induced peripheral neuropathy in breast cancer patients treated with eribulin: interim data from a post-marketing observational study. Breast Cancer. Published first online Oct 15, 2018.

-Role of CSS : medical writing (acknowledgments)
https://doi.org/10.1007/s12282-018-0919-8

2018/10/09

実績情報を更新しました。

2018/09/14

「34th International Conference on Pharmacoepidemiology & Therapeutic Risk Management」にてポスターが発表されました。

The Usability of Commercial Healthcare Claims Data in Japanese Pharmacovigilance: A Comparison with a Prospective Postmarketing Study. 34th International Conference on Pharmacoepidemiology & Therapeutic Risk Management. Aug 2018. Prague, Czech republic.

-Role of CSS : medical writing

2018/09/06

「Journal of Infection and Chemotherapy」に原著論文が掲載されました。

Healthcare burden of recurrent Clostridioides difficile infection in Japan: A retrospective database study. J Infect Chemother. Published first online Sep 2018.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing[editorial assistance] (authors)
http://dx.doi.org/10.1016/j.jiac.2018.07.020

2018/08/01

東京都新宿区に東京事務所を開設しました。

[東京事務所]
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-20-3 西新宿高木ビル8F

2018/07/05

実績情報を更新しました。

2018/06/28

「Drugs - Real World Outcomes」に原著論文が掲載されました。

Recent Trends in the Practice of Procedural Sedation Under Local Anesthesia for Catheter Ablation, Gastrointestinal Endoscopy, and Endoscopic Surgery in Japan: A Retrospective Database Study in Clinical Practice from 2012 to 2015. Drugs Real World Outcomes. Published first online Jun 18, 2018.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing[editorial assistance] (authors)
http://dx.doi.org/10.1007/s40801-018-0136-y

2018/06/27

「Circulation Journal」に原著論文が掲載されました。

Low-Density Lipoprotein Cholesterol Goal Attainment Rates by Initial Statin Monotherapy Among Patients With Dyslipidemia and High Cardiovascular Risk in Japan - A Retrospective Database Analysis. Circ J. 2018;82(6):1605-1613.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing[editorial assistance] (acknowledgments)
http://dx.doi.org/10.1253/circj.CJ-17-0971

2018/06/20

「BMJ Open」に原著論文が掲載されました。

Comorbidities and the use of comedications in people living with HIV on antiretroviral therapy in Japan: a cross-sectional study using a hospital claims database. BMJ Open. 2018; 8(6): e019985.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing (acknowledgments)
http://dx.doi.org/10.1136/bmjopen-2017-019985

2018/06/01

「老年精神医学雑誌」に原著論文が掲載されました。

アルツハイマー型認知症に対するドネペジル塩酸塩によるADAS-J cogを用いた調査―アリセプト®特定使用成績調査最終報告とADAS-J cog合計得点推移モデルの構築―. 老年精神医学雑誌. 2018; 29(4): 413-426.

-Role of CSS : modeling in statistical analysis (methods)

2018/05/29

「BMC Infect Dis」に原著論文が掲載されました。

Comorbidities and co-medications in populations with and without chronic hepatitis C virus infection in Japan between 2015 and 2016. BMC Infect Dis. 2018; 18(1): 237.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing (acknowledgments)
http://dx.doi.org/10.1186/s12879-018-3148-z

2018/05/11

「J Thorac Dis」に原著論文が掲載されました。

Pregabalin as an analgesic option for patients undergoing thoracotomy: cost analysis of pregabalin versus epidural analgesia for post-thoracotomy pain relief. J Thorac Dis. 2018; 10(4): 2321-2330.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing (authors)
http://dx.doi.org/10.21037/jtd.2018.03.109

2018/04/05

実績情報を更新しました。

2018/03/23

「BMC Musculoskelet Disord」に原著論文が掲載されました。

Development of the Japanese Core Outcome Measures Index (COMI): cross-cultural adaptation and psychometric validation. BMC Musculoskelet Disord. 2018;19(1):71.

-Role of CSS : planning, statistical analysis, medical writing (authors)
http://dx.doi.org/10.1186/s12891-018-1986-x

2018/03/02

「Vaccine」に原著論文が掲載されました。

Decline of rotavirus-coded hospitalizations in children under 5 years: A report from Japan where rotavirus vaccines are self-financed. Vaccine. Published first online on Dec 11, 2017.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing (acknowledgments)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29241644

2018/02/19

「Diabetes, Obesity and Metabolism」に原著論文が掲載されました。

Long-term safety and efficacy of tofogliflozin as add-on to insulin in patients with type 2 diabetes: Results from a 52-week, multicentre, randomized, double-blind, open-label extension, Phase 4 study in Japan (J-STEP/INS). Diabetes Obes Metab. Published first online on Feb 11, 2018.

-Role of CSS : medical writing (acknowledgments)
https://doi.org/10.1111/dom.13213

2018/01/12

実績情報を更新しました。

2018/01/05

SMO事業の新日本科学グループ内での連携強化について

新日本科学グループ内の連携強化及び業務効率化の一環として、2018年1月1日付で、当社のSMO事業を株式会社新日本科学SMOに譲渡いたしました。

これまで弊社は、SMO事業としては名古屋地域限定でがん領域に強みを持った支援を展開してまいりました。今後、グループ内での連携を強化することにより、名古屋地域における治験施設の拡充とがん領域サポートの強化をすることが可能となり、これまで以上に顧客ニーズへ対応してまいります。また、リアルワールドリサーチや費用対効果分析などを中心としたクリニカルリサーチ事業とインテグレイティッドヘルスケア事業に集中させ、信頼できる医療情報の創出と提供を今後更に推進してまいります。

2017/12/01

「The Connective Tissue Oncology Society」にてポスターが発表されました。

A real-world observational study of eribulin in patients with soft-tissue sarcoma in Japan. The Connective Tissue Oncology Society 2017 Annual Meeting. Nov 2017, Hawaii, US.

-Role of CSS : medical writing

2017/11/02

「PLoS One」に原著論文が掲載されました。

Clinical and economic burdens experienced by patients with painful diabetic peripheral neuropathy: An observational study using a Japanese claims database. PLoS One. 2017; 12(10): e0187250.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing (authors)
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0187250

2017/10/06

実績情報を更新しました。

2017/09/12

「European Society for Medical Oncology」にてポスターが発表されました。

Prospective observational study of peripheral neuropathy in breast cancer patients treated with eribulin. ESMO 2017 Congress. Sep 2017, Madrid, Spain.

-Role of CSS : medical writing

「BMC Musculoskeletal Disorders」に原著論文が掲載されました。

Assessment of potential risk factors for new onset disabling low back pain in Japanese workers: findings from the CUPID (cultural and psychosocial influences on disability) study. BMC Musculoskelet Disord. 2017; 18(1): 334.

-Role of CSS : data collection, statistical analysis, medical writing (authors)
https://doi.org/10.1186/s12891-017-1686-y

2017/09/12

「第17回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議」において、当社CRCが発表しました。

「第17回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議」(2017年9月2日~3日)において、当社CRCがポスター発表しました。
・CRCの同意補助説明を考える(ポスター).9月2日

2017/07/10

実績情報を更新しました。

2017/06/13

「International Society for the Study of the Lumbar Spine」にてポスターが発表されました。

Diagnostic capability of "Spine paindetect" to screen for neuropathic pain caused by spinal disorders. The 44th Annual Meeting of the International Society for the Study of the Lumbar Spine. Jun 2017, Athens, Greece.

-Role of CSS : planning, implementation, data collection, statistical analysis

2017/05/24

「Journal of Diabetes Investigation」に原著論文が掲載されました。

Dipeptidyl peptidase-4 inhibitors as preferable oral hypoglycemic agents in terms of treatment satisfaction: Results from a multicenter, 12-week, open label, randomized controlled study in Japan (PREFERENCE 4 study). J Diabetes Investig. Published first online on May 2, 2017.

-Role of CSS : statistical analysis, medical writing (acknowledgments)
http://dx.doi.org/10.1111/jdi.12659

2017/05/08

「Journal of Thoracic Oncology」に原著論文が掲載されました。

Semi-quantitative Assessment of Tumor Spread Through Air Spaces (STAS) in Early Stage Lung Adenocarcinomas. J Thorac Oncol. Published first online on Mar 28, 2017.

-Role of CSS : statistical analysis (acknowledgments and text [methods])
http://dx.doi.org/10.1016/j.jtho.2017.03.019

2017/04/06

実績情報を更新しました。

2017/03/16

「Scientific Reports」に原著論文が掲載されました。

  1. The influence of personality and perceived stress on the development of breast cancer: 20-year follow-up of 29,098 Japanese women. Sci Rep, 2016; 2(6): 32559.
  2. Perceived Stress and Colorectal Cancer Incidence: The Japan Collaborative Cohort Study. Sci Rep, 2017; 16(7): 40363.

「Journal of Pain Research」に原著論文が掲載されました。

Estimated risk for chronic pain determined using the generic STarT Back 5-item screening tool. J Pain Res, 2017; 24(10): 461-467.
http://dx.doi.org/10.2147/JPR.S129585

2017/02/23

質問票「Somatic Symptom Scale-8 (SSS-8)」の原作者であるBenjamin Gierk氏が、Wikipediaにて日本語版SSS-8および関連文献を掲載しました。

質問票「Somatic Symptom Scale-8 (SSS-8)」の原作者であるBenjamin Gierk氏が、Wikipediaにて日本語版SSS-8および関連文献を掲載しました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Somatic_Symptom_Scale_-_8

本質問票の日本語版の開発において、当社は下記の業務を支援いたしました。

  • 日本語版Somatic Symptom Scale-8(SSS-8[身体症状スケール])の開発-言語的妥当性を担保した翻訳版の作成-. 心身医学, 2016;Vol.56 No.9, 2016: 931-937.
    -Role of CSS : planning, implementation, data collection, statistical analysis, medical writing
  • Development of a Japanese version of the Somatic Symptom Scale-8: Psychometric validity and internal consistency. General Hospital Psychiatry. 2017;45:7-11.
    -Role of CSS : planning, statistical analysis, medical writing
2017/02/03

「General Hospital Psychiatry」に原著論文が掲載されました。

Development of a Japanese version of the Somatic Symptom Scale-8: Psychometric validity and internal consistency. General Hospital Psychiatry. 2017;45:7-11.

-Role of CSS : planning, statistical analysis, medical writing (authors)
http://dx.doi.org/10.1016/j.genhosppsych.2016.12.002

2017/01/11

CLINICAL STUDY SUPPORT とカンター・ジャパンの業務提携について
―リアルワールドエビデンスに基づくマーケティングを日本から世界へ展開―

株式会社新日本科学のグループ会社である株式会社CLINICAL STUDY SUPPORT(本社: 愛知県名古屋市、代表取締役社長:磯村 達也、以下「CSS社」)と株式会社カンター・ジャパン(日本法人:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:大竹 秀彦、以下「カンター社」)は、製造販売後の使用実態下における「リアルワールドリサーチ(以下RWR)」の分野において業務提携いたしましたので、お知らせいたします。今後大きな成長の見込まれるRWRにおいて、パブリケーションを見据えたユニークなリサーチ力を持つCSS社とグローバルなマーケティング力を持つカンター社が協働で取り組むことで、日本という有望市場を基盤にグローバルに向けた業容拡大を図ってまいります。

RWRは製造販売後の使用実態下における薬の有用性やプロファイリングなど、開発段階では得られないエビデンスを創出し、ライフサイクルマネジメントを強化する重要な役割を担うことが期待されています。いち早くその重要性に注目した欧米では、使用実態下のリアルワールドデータ(以下RWD)の集積及びそれらを活用したエビデンスの創出が進められており、実際にライフサイクルマネジメントの強化に繋がっています。日本は米国、中国に続く世界有数の医薬品市場規模を誇り、新薬の使用実績データが世界で最も多く迅速に収集可能であることから、RWDに基づくエビデンスを創出するリーディングカントリーとしての多大なる可能性を秘めています。

CSS社は2004年の起業以来、RWRに注目し、デザイン、統計解析、メディカルライティングなど、この分野での数多くの支援実績を構築してまいりました。一方、カンター社は傘下にカンターヘルスを持ち、世界40カ国以上のヘルスケアデータビジネスに関わる中で世界的なリアルワールドエビデンスの潮流に着目し、各国で実績構築に取り組んでいます。

今後は、両社それぞれの強みを活かした協働により、貴重なリアルワールドエビデンスをパブリケーションのみで終わらせず、臨床現場での実践に繋がるマーケティング、さらには市場での価値を最大化するブランディングを日本から世界に向けて展開するため、クライアントへの共同提案、共同プロモーション及び共同販売を積極的に行ってまいります。また、医薬品開発の受託研究機関でCSS社の親会社でもある株式会社新日本科学とも連携し、日本の医薬品業界に加え欧米市場への事業展開も視野に入れた、日本並びに世界の医療へ貢献するビジネスの展開を目指します。

※プレスリリース全文(PDF)はこちら

株式会社CLINICAL STUDY SUPPORT
広報 / 田内、津田 TEL:052-211-2011 E-mail:mail@jp-css.com

2017/01/10

「Pain Practice」に原著論文が掲載されました。

Development of the Japanese Version of the Leeds Assessment of the Neuropathic Symptoms and Signs Pain Scale: Diagnostic Utility in a Clinical Setting. Pain Pract. Published first online on Oct. 22, 2016.

-Role of CSS : planning, implementation, data collection, statistical analysis, medical writing (authors)
http://dx.doi.org/10.1111/papr.12528

「Journal of Orthopaedic Science」に原著論文が掲載されました。

The Japanese version of the STarT Back Tool predicts 6-month clinical outcomes of low back pain. J Orthop Sci. Published first online on Dec. 23, 2016.

-Role of CSS : medical writing (authors)
http://dx.doi.org/10.1016/j.jos.2016.11.023

2016/09/27

「第16回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議」において、当社CRCが発表しました。

「第16回 CRCと臨床試験のあり方を考える会議」(2016年9月18日~19日)において、
当社CRCがポスター発表しました。
・治験業務で使用する電子システムの問題点(ポスター).9月19日

「心身医学」に原著論文が掲載されました。

日本語版Somatic Symptom Scale-8(SSS-8[身体症状スケール])の開発-言語的妥当性を担保した翻訳版の作成-. 心身医学, 2016;Vol.56 No.9, 2016: 931-937.

-Role of CSS : production of translated questionnaire, linguistic validation, medical writing (authors)
http://www.shinshin-igaku.com/intro/jpm.html

2016/08/19

「PLoS ONE」に原著論文が掲載されました。

Psychometric Assessment of the Japanese Version of the Zurich Claudication Questionnaire (ZCQ): Reliability and Validity. PLoS ONE. 2016; 11(7): e0160183.

-Role of CSS : planning, implementation, data collection, statistical analysis, medical writing (authors)
http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0160183

「Medical Rehabilitation」に原著論文が掲載されました。

腰痛予防のエクササイズ―労働者に対する私の方法―
MB Med Reha. 2016; No.198: 63-69.

-Role of CSS : statistical analysis (authors)
http://www.zenniti.com/f/b/show/b01/840/zc01/3.html

2016/05/31

「European Journal of Clinical Nutrition」に原著論文が掲載されました。

Liver-related safety assessment of green tea extracts in humans: a systematic review of randomized controlled trials. EJCN. Published first online on May 18, 2016.

-Role of CSS : planning, statistical analysis, medical writing (authors)
http://dx.doi.org/10.1038/ejcn.2016.78

2016/04/26

「PLoS ONE」に原著論文が掲載されました。

Psychometric Properties of the Japanese Version of the STarT Back Tool in Patients with Low Back Pain. PLoS ONE. 2016 Mar 22;11(3):e0152019.

-Role of CSS : planning, implementation, data collection, statistical analysis, medical writing (authors)
http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0152019

2016/04/08

実績情報などホームページを更新しました。

2015/12/24

NALIC設立10周年記念 「入居企業&卒業企業 事業成果発表会」において、卒業企業として発表しました。

2015年12月11日に、名古屋医工連携インキュベータ (NALIC)設立10周年記念の「入居企業&卒業企業 事業成果発表会」が開催されました。
NALICは、弊社が2006年5月から2015年5月まで入居していた、ベンチャー企業・中小企業のビジネスを支援する独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中部本部の施設です。
本発表会では、卒業企業として、「CSSの沿革とNALIC」「今後の事業展開」等について、代表の磯村が発表しました。

名古屋医工連携インキュベータ (NALIC)
http://www.smrj.go.jp/incubation/nalic/

2015/11/30

「産科と婦人科」に原著論文が掲載されました。

日本語版Menorrhagia Multi-Attribute Scale(MMAS)の開発:言語的妥当性の検討.
82(11):P1299-1305,産科と婦人科,2015.

-Role of CSS :copyright agreement, forward translation, back translation, pilot test, medical writing (authors)
http://www.shindan.co.jp/books/index.php?menu=01&cd=3151100&kbn=2#toku

2015/10/28

本社移転プロジェクトをご支援いただいた、株式会社ヴィス様のWebsiteに、オフィスデザインの実績として弊社の写真が掲載されました。

2015/10/15

弊社が担当した言語的妥当性の検討に関する論文2報が、J-stageで入手可能になりました。

  1. 日本語版London Fibromyalgia Epidemiology Study Screening Questionnaire(LFESSQ)の開発:言語的妥当性を担保した翻訳版の作成. 臨床リウマチ,26: 130~136,2014.
    -Role of CSS : copyright agreement, forward translation, back translation, pilot test, medical writing (authors)
    http://doi.org/10.14961/cra.26.130
  2. Revised Fibromyalgia Impact Questionnaire(FIQR)日本語版の開発:言語的妥当性を担保した翻訳版の作成. 臨床リウマチ,26: 35~44,2014.
    -Role of CSS : copyright agreement, forward translation, back translation, pilot test, medical writing (authors)
    http://doi.org/10.14961/cra.26.35
2015/09/30

「Psychogeriatrics」に原著論文が掲載されました。

Disease state changes and safety of long-term donepezil hydrochloride administration in patients with Alzheimer's disease: interim results from the long-term, large-scale J-GOLD study in Japan. Psychogeriatrics. 2015 Jun 26. [Epub ahead of print]

-Role of CSS : statistical analysis (authors and text [methods])
http://doi.org/10.1111/psyg.12130

書籍(共著)が出版されました。

CRCからみた疼痛薬治験の実施ポイント. 痛みのメカニズムとこれからの治療薬・治療法の開発~治療へのニーズ・非臨床試験の適切な実施・エビデンスの得られる臨床試験デザイン~.P145-156, 技術情報協会, 2015.

http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1827.htm

2015/05/11

本社を移転しました。

[移転先住所及び連絡先]
〒460-0003 名古屋市中区錦1-11-20 大永ビル2F
TEL:052-211-2011/FAX:052-211-2012

会社ロゴ、ウェブサイトをリニューアルしました。